趣味でやっていたSNSで出会った33歳人妻と不倫関係になった体験談

まさかではありますが、出会いなど全く意識していないところからこんな関係が始まるものなのかと思った体験談です。

mixiで仲良くなった33歳人妻と会うことに

現在の私の年齢は37歳です。今回のお話は33歳の時の話となりますが、今回お話しさせていただく相手の年齢も同じ33歳です。

相手はおしとやかそうな雰囲気の人ですが、最初にネットを介してみていたよりも少し太めかなとは思ったのですが、顔つきは吉瀬美智子に似た透明感がある色白の女性といった感じです。

元々、FX取引を趣味でやっていたのですが、凝り性な私はだんだんと市場予想や分析にのめり込み始めて、いよいよマニアックな話ができるところまで来てしまったんです。

それを日々、mixiで書いていたりしたんですが、さすがにマニアックな話ともなると、今まさに勉強中というような人たちからたくさんのコメントやメッセージが来るようになりました。

今回お話しさせていただく彼女も、その中の一人でした。

なんだか、やけに私を尊敬している様子でした。言っても、私はただのサラリーマンで趣味を追い過ぎてしまったマニアだというだけだったので、少し私のほうが恐縮してしまう感じだったのですが、日々色んな人から様々なメッセージが来ることに疲れてしまったあたりから、もうFXのことについて書くのをやめてしまったんです。

逆に、バカなことを書いたり、FXとは関係のないことで盛り上がるようになってしまい、批判のメッセージが多く来るようになりました。

その中で、上記の彼女については別でした。もはや私の信者なんだろうかと思わせる感じで「ギャグも冴えてますね!」「ボキャブラリーをたくさん持っててうらやましいな」など、日々多くのメッセージでストレスの溜まっていた私でしたので、思い切ってその彼女に下ネタなど振ってみたんですよね。

ただ、いきなり変なスケベさを出したという事ではなく、事前に彼女にはストレスが溜まっていることや、その理由も話したうえで、本当の自分の言葉で話をしたいと打ち明けていたので、割とすんなり実は馬鹿な性格の私だという事を受け入れてくれました。

むしろ、喜んでさえいたようです。きっと、ガッチガチの真面目キャラだと思っていた意外な素顔というところでギャップが良かったのかもしれません。

それから、私たちは急激に仲良くなっていき、スカイプやFacebookなどを利用してチャットをするようになったのですが、そうなると今度は「会ってみようか」という話になるまでに時間はかかりませんでした。

新宿の居酒屋で盛り上がり、自然と泊まりへ

最初に私から、「こないだ、○○っていうお店に飲みに行ったんだよ」なんて話から「あ!そのお店行ったことあるよ!」なんていう会話がキッカケだったのですが、顔もお互いにチャットの中で見せ合っていましたし、特にかしこまったりする感じもなく会う約束を自然としました。

後日、初めて実際の顔を合わせた私たちですが、ちょっとだけ恥ずかしかったのを覚えています。

最初にお話しさせていただいた彼女の印象ではありましたが、話し始めてみると結構ガサツな感じもありつつ、人情味のある素敵な女性でした。

なんというか、人情を大事にするからこそ傷付きやすい感じがあったので、放っておけないタイプというとわかりやすいでしょうか。

初めて顔を合わせた私たちはそのまま、お互いに行きつけのお店はあるからという話をしながら新宿の街をブラブラしたのですが、なかなかお店が決まらず適当な居酒屋に入って、初めての乾杯をしました。

お互いの共通点と言えば、mixiでの出来事やFXの話でしたが、初めて会う同士に2つも話題があれば十分で随分と盛り上がりました。

そのうちに今度はお互いの素性についての話になったのですが、彼女は結婚はしているとはチャットの中でも聞いてはいたものの、何やら旦那さんとは仲は悪くないけど夫婦生活がほとんどないなんてことも打ち明けてくれました。

一瞬「ん?これは何か、ん〜っと、サインなのかな?」と思ったのですが、下心を女性はすぐに察知するなんてよく言いますし、初めて会った同士でしたので口説きモードに持っていくことはやめていたのです。

ただ、最初に口火を切ったのは彼女のほうからでした。

「明日お休みでしょ?じゃあこの後の大丈夫だね」

これでもう確定したのでした。この後の私たちがたどる道。「不倫」というやつです。

ホテルで一夜を共にし、しばらくの不倫関係へ

まさかFXの話からこんな話になるとは最初から思っていなかったので、落ち着いてその場の出来事を考えると不思議な縁だなあと思ったのを未だに覚えています。

私も浮かれないようにお店を出てからも、目的の場所に着くまでは落ち着いた態度を心がけました。

だって、特に狙ったわけではないのですが、飲んでいたその場所は歌舞伎町から少しだけ離れたホテル街の外れだったんですよね。

「こうなること狙ってたんでしょ」なんて言われたら心外ですから、それを言わせないために落ち着いた態度を心がけたというわけです。

ホテルに着いてからも、一回落ち着こう、酔いを醒まそうとか言いながらもお互いに別々でお風呂に入った後は、更に冷蔵庫のビールで乾杯したのです。

そのままなし崩し的にベッドに倒れ込みながら一夜の遊びに興じました。

その後も、割り切った関係というか、不倫という名の恋人同士として暫くの間お付き合いを続けていたのですが、彼女の旦那さんの急な転勤話が持ち上がり、自然と私たちの関係は解消されました。

連絡先は未だに残っていますし、何かあればお互いに連絡を取れる状態ではありますが、恐らくこの先会うこともあまりないだろうなとも思います。

ただ、可愛い性格の彼女ですのでまた会いたいという気持ちがあります。つまり彼女がいなくなって寂しい思いがあります。

いつかまた、彼女と会えることを楽しみにしている私なのです。

私のように人妻と不倫の関係を楽しみたいなら、今はSNSよりも出会い系の方が手っ取り早いかもしれません。今回の体験談は出会いを全く意識していない偶然のものでしたので。

人妻や熟女をセフレにする方法とメリットデメリット

人妻をセフレにして不倫を楽しむにあたり、ネットで見つけたこちらの記事が参考になりました。私も現在はたまに出会い系を利用して遊んだりしています。

mixiで偶然出会った変態女子大生との出会いからエッチまでの体験談

私が25歳の大学院生だった頃の、mixiでの出会い体験談です。

mixiで女子大生と何気ないやり取りを始める

当時mixiがとても流行っていて、私も試しに登録してみました。

登録したと言っても特になにをするわけでもなく、いろんな人の日記を見て暇つぶしをしていた感じです。色んな人の日記を眺めている中で、ある女の子の日記に目が留まりました。

その子の日記は毎日更新されていて、日常的な話だったのですが、その何でもない日常が非常に面白く表現されていて、とても興味を惹かれました。

それ以降、日々その子の日記を読むようになり、数日が過ぎていきました。

そして、何を思ったのか、ある日コメントしてみようと思ったのです。

「面白い日記ですね!日々楽しく読ませてもらってます。」と、特に内容もないコメントでした。

すると、「ありがとうございます!そう言ってもらえて嬉しいです!」と返事が来ました。

この何でもないやりとりがなんだか嬉しく、直接メッセージを送ってみることにしました。

「学生さんですか?同じ県内にお住みみたいですね!」と送ると、「20歳の短大生ですよ~!○○市内に住んでます。」

それはまさに、私が住んでる街と同じ市内でした。

そこからは、お互いの趣味や興味の話、学校の話で盛り上がり、毎日メッセージを交換するようになりました。

しばらくすると、SNS上で連絡を交換するのがわずらわしくなってきてしまったため、直接連絡をとりたいと思い始めました。

ここまで仲良くなれたのに、ここで急に直接連絡先を聞くと引かれてしまうかもしれないと思いながらも、自分の携帯番号とメールアドレスをメッセージで送ってしまいました。

これで引かれたら仕方ない、諦めようと思っていましたが、何と携帯にメールが届いたのです。

「悪用しないで下さいよ~!笑」と冗談交じりのメールでしたが、非常にドキドキしました。

ここまで来たら、行けるところまで行こうと思い、「一度直接会ってみたいです。ご飯でもどうですか?」とメールを送ると、

「是非ぜひよろしくお願いします!明日の夜なら大丈夫ですよ!」と、思いのほか早く会えることになってしまいました。

写真通りの可愛いJDと居酒屋でイチャイチャし、ヒートアップ

そこからは、改めて好きな食べ物を確認し、ひたすら口コミで評判の良い、個室居酒屋を探しました。

もちろん当日お持ち帰りの可能性もあるので、ラブホテルが近くにあるお店です。ここまでの段階でお互いの顔も知らなかったので、写メを交換することにしたのですが、思った以上に可愛く程よくムチムチ感のある女の子でした。

待ち合わせ当日、待ち合わせ場所は比較的人通りの少ないコンビニの前にしました。念のため、お互いの服装の情報は交換しておき、私の方が先に待ち合わせ場所に到着しました。

楽しみのドキドキ感半分、不安のドキドキ感半分で待っていると、「お待たせ~!」と言いながら、女の子が現れました。写真通りの少し幼いあどけなさの残るかわいらしい女の子でした。

お互いに「何か緊張するね~!」と言いながら、居酒屋さんに向かいました。お店に着くと、個室に通され、掘りごたつタイプの横並びの席に着きました。念のため、未成年じゃないことを確認した上で、ビールで乾杯しました。

改めて、お互いの学生生活や、バイトのこと、これからの就職活動等のまじめな話をしたり、好きな異性のタイプを話したりして盛り上がりました。

好きな異性のタイプの話を聞いた時点で、「それって、俺も含まれてる?」と聞いてみると、「内緒~!」とはぐらかされたので、「教えないと、くすぐるよ~」と言ってボディタッチを試みると、笑いながら喜んでいたので、段々とヒートアップしていきました。

居酒屋ですでに濡れ濡れになるド変態っぷり!

「もう無理~!教えるから止めて~」と笑い転げていたので、くすぐるのをやめると、「結構好きだよ。」と恥ずかしがりながら答えてくれました。

これ以上のチャンスはないと思い、そっと顔を近づけると、女の子は目を閉じました。

そっと口づけをすると、女の子は私の首に手をまわし、離さないようにしたのです。私も女の子を抱きしめながらチューを続けました。抱きしめた女の子は、思った通りのムチムチ感があり、最高の抱き心地でした。

最初は、フレンチキスだったのですが、途中から舌を入れると女の子も舌を絡ませてきました。

だんだんと激しいチューになり、我慢できなくなったので、女の子の上着の中に手を入れて、おっぱいを揉んでみると、こちらも思った通りのEカップはあろうかというサイズ感。

そこから、更に下に手を伸ばし、パンティーの中に手を入れてみると、もう愛液でびっしょりでした。

少し触ると「あん。。。」と漏れるような声を出し始めてしまったので、さすがにいつ店員が来るかわからない居酒屋では出来ないと思いとどまりました。

耳元でそっと、「ホテル行こうか。」と言うと、「うん。。。」と小さく頷いてくれたので、店を出ることにしました。

お会計を済ませて、店を出るまでの間に、女の子の気持ちが落ち着いちゃったらヤバイな~と思いながら、急いで店を出ると、女の子の方から手を繋ぎ、べったりくっついてきました。

これなら大丈夫だと安心して、そのままホテルに行きました。

ホテルに着いてからは、それはもう思った以上に激しいドMの女の子でした。今までにこれほどのド変態な女の子には会ったことがありません。